江藤 賢一郎のブログ

日々の生活で思ったことなど

ダブルSの説教

「時間厳守はまた、人間の良心の問題でもある。約束というのは、それがはっきり決めたものであれ暗黙の了解であれ、一つの契約に他ならない。約束を守れない人間は、相手の時間を不当に浪費するばかりでなく、誠意にそむく背信行為を犯しているに等しい。そんな人間は必ずや世間の評判を落とすだろう。
 こう考えてくると、当然のごとく一つの結論に達する。つまり、時間に無頓着な人間はビジネスにも無頓着であり、そんな人間に重要問題の処理を信用してまかせることはできないのである。」
サミュエル・スマイルズ竹内均訳「自助論」〔三笠書房 2002年〕149頁・150頁)

…正論過ぎて何も言えねぇ

何故こんな文章を取ってきたか?
それは俺が今週2度も遅刻をしたからに他ならない。

原因は2度とも交通機関の乱れだったのだか(埼京線マジで恨むわ。逆恨みだけど…)、立場上もはや言い訳できないし、言い訳なんて誰も聞いてくれない。電車遅延の抗弁は主張自体失当である。
それに実際、俺があと2、3本早い電車に乗っていれば遅刻は回避できたから、不可抗力って訳でもない。

あー、それにしても自分が嫌になる。
学校では遅刻常習犯(チョモ先生にもよく怒られた)、バイトや修習では殆ど遅刻はなかったけど、たいてい時間ギリギリだった。
これで絶対人生損してる気がする。

そもそも俺は、何故こんなに時間にルーズなんだろうか?
もしかして、俺は人間としての良心が足りないんじゃなかろうか?
カントよろしく、『時間厳守=義務』みたいな意識が必要ではないだろうか?

とりあえず明日から、1本早い電車に乗ることから始めよう。

反省おわり