江藤 賢一郎のブログ

日々の生活で思ったことなど

今年の短答式試験解いてみた

ひょんなことから、今年の司法試験の短答式試験を解くことになった
1年以上短答の勉強から離れていた修習生の実力やいかに…

憲法

▽得点…48点
▽解答時間…39分50秒(含 マーク時間)
▽主観的難易度…★★★(5段階評価)
▽感想…憲法は得意だったが、問題を解き終わった時点では40点も厳しいという感覚だった。知識として知らない問題がバンバン出たのは焦った。出題者側としては、既存の基本的な知識・理解をもとに、いかに合理的に推論・演繹して結論を導くか、という点を試したかったのではないか。結果的に点数は良かったが、正直な話、運が良かった(こんなところで使わなくても良かったのに!)。

民法

▽得点…54点
▽解答時間…75分(タイムオーバー)
▽主観的難易度…★★★~★★★★
▽感想…時間足りない、問題難しい、知識は抜けてる、ケアレスミスする、ということでこの結果となった。出題が広範囲に及ぶ以上、不断の努力が結果に結び付くということか。今年の民法を60点以上取れた人は素直にスゴいと思う。

【刑法】

▽得点…42点
▽解答時間…45分
▽主観的難易度…★★
▽感想…内容はオーソドックスだったが、部分点の扱いが厳しい。これで予想以上に点が伸びなかった人も多かったのではないか。

以上のような結果となったが、極度のプレッシャーがかかる受験生と同じシチュエーションだったら、更に点数は下がったと思う。

最後になりましたが、受験生のみなさん、本当にお疲れ様でした。