Aki's Diary

日々の生活で思ったことなど

司法試験当日の過ごし方

1.はじめに

お久しぶりです。
職務に忙殺される日々を送る中で,このブログもすっかり放置してしまいました。
が,このブログには多少なりとも思い入れがあるので,自省の場として今後も続けていきたいと考えています(流石に仕事の失敗をここに書くわけにはいかないので,ブログのスタンスは従来と少し変わるでしょうが…)。

さて,もうすぐ司法試験ですね。
受験してから暫く経つというのに,司法試験当日の記憶は今でも鮮明に残っています。それだけ私にとって重大事だったということでしょうか。
ところで,今から少し前に,受験を控える知人から司法試験受験のアドバイス(的なもの)を求められたことがありました。
そのとき,司法試験当日の過ごし方についても話が及んだのですが,なかなか面白いとのことで,そこでの議論をブログでも記してみることにしました。

以下の内容は,いずれも私が実践したものです。
それ以上でも以下でもなく,万人に適した方法論でないことは言うに及びません。
また,以下の記載は,私が受験生だった頃のメモに僅かに加筆して載せたものです。ゆえに一部過激な表現が含まれていますが,ご容赦下さい。

2.司法試験当日の過ごし方(メモ抜粋・加筆)

(1)試験開始合図直前の過ごし方

 試験開始合図直前の何も出来ない数分間の間は,ボーッとするのではなく,各科目の留意点を思い出す時間とする(ex.憲法 → 問題文の指示を正確に読み取る。法令違憲適用違憲の区別に気を付ける。問題文にある立法事実・司法事実・個別法令を使いまくる)。

(2)試験終了合図直後の過ごし方

 試験終了の合図である「書くのを止めてください」と合図があれば,素直に書くのを止める(失格のリスクは計り知れない)。その代わり,六法の紐を次の科目の目次や条文に通しておく(気持ちタイム短縮になるし,気持ちの切り替えにも資する)。

(3)問題文の即刻処分

 答案を回収された後は,直ちに問題文をグチャグチャに丸める。捨てるときではなく,答案回収直後にグチャグチャにするのがポイント(もちろん,休み時間になったら直ちに捨てる)。考査委員が何ヵ月もかけて作った努力の賜物を,試験が終わった直後にグチャグチャにしてやると何だかスカッとする(再現答案?試験中に試験後の事を考えてる時点で論外。受験生は次の科目のことだけ考えればよい)。

(4)休み時間の過ごし方

 好きに過ごす。ちなみに,私は次のように過ごしていた。① 糖分・カフェインの摂取(特に前者),② 最重要定義・論点の確認(予めセレクトしておく),③ リラックスするために好きな曲・動画を見る(某ロックバンドのPVを見ていた)。友人・知人との談笑は,個人的にはおすすめしない。

(5)試験用六法の放置

 今年合格するのだから,試験用六法などというゴミは要らない。持ち帰る時点で気持ちが負けてる。次の日の択一に備える。

3.おわりに

いかがだったでしょうか。
お分かりのように,以上の(1)~(5)の根底にあるのは,『試験本番で遺憾なくパフォーマンスを発揮するためにはどうすべきか』という問題意識です。
当記事が,試験当日の過ごし方について,少しでも参考になるところがありましたら幸いです。